年別アーカイブ: 2020年

改正相続法6 遺産分割前における預貯金の払戻し制度1(民法第909条の2)

民法第909条の2によって権利行使することができる預金債権の割合及び額の計算式は,以下のとおりです。
相続開始時の預貯金債権の額(口座基準)×1/3×当該払い戻しを求める共同相続人の法定相続分=単独で払い戻しをすることができる額
※ただし,同一の金融機関に対する権利行使は,法務省令で定める額(150万円)を限度とする。

続きを読む

令和2年度 夏季休業日のお知らせ

残暑お見舞い申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 石塚総合法律事務所では、下記の期間を夏期休業日とさせていただきます。 夏季…

続きを読む

改正相続法5 遺産分割前に遺産に属する財産が処分された場合の取扱い(民法第906条の2)

民法第906条の2が設けられたことによって,相続における使途不明金問題については,遺産分割調停・審判で解決できる場合が多くなりました。

続きを読む

改正相続法4 遺留分侵害額請求4(民法第1046条第2項第2号)

改正前は,遺留分権利者が遺産分割において取得すべき財産の価額を計算するにあたり,法定相続分を前提とするのか,具体的相続分を前提とするのかについて判断が分かれていましたが,新しい相続法によって具体的相続分を前提とすることに定められました。

続きを読む

改正相続法3 遺留分侵害額請求3(民法第1047条第1項)

新しい相続法では,受遺者等の遺留分侵害額の負担額は,原則として受遺者等が受け取った遺贈や贈与の目的の価額が上限となりますが,受遺者等が相続人である場合には,その価額からその相続人の遺留分の額を控除した額を上限とすると定められました

続きを読む

7月14日 鎌ケ谷市役所の法律相談を担当します

7月14日 鎌ケ谷市役所の法律相談を当職が担当します。

続きを読む

改正相続法2 遺留分侵害額請求2(民法第1044条第2項,第3項)

遺留分を算定するための財産の価額に加算される贈与財産は,相続人以外の第三者への贈与の場合は原則1年以内の贈与であり,相続人への贈与の場合は原則10年以内の贈与(特別受益)となる。

続きを読む

改正相続法1 遺留分侵害額請求1(民法第1046条第1項,第1047条第5項)

遺留分侵害額請求をするとお金を払ってもらえます。遺留分侵害額請求の金銭債権化は事業承継を円滑に行うためです。遺留分侵害額請求を受けた受遺者又は受贈者はお金をすぐに用意できない場合は裁判所に相当の期限を許与するよう求めることができます。

続きを読む

法人の顧問契約に充実プランが誕生しました

標準プランよりももっと弁護士を活用したいけれども特別顧問プランまでは・・・とお思いの法人様の要望に対応する,充実プランをご用意いたしました。弊事務所では柏市及び周辺の市町村の法人様向けに,それぞれのニーズに対応した顧問契約プランを複数ご用意しております。

続きを読む

相続の遺留分侵害額請求のページを変更しました

相続の遺留分侵害額請求のページの変更をしました(変更ページはコチラですhttps://ishizuka-law.jp/souzoku/iryubun/)。

続きを読む