交通事故

千葉県柏市で交通事故の被害にお困りの方へ

  • 損害賠償
  • むちうち
  • 後遺症
  • 死亡事故
  • 秘密厳守
  • 土日・夜間相談OK
  • 明瞭な弁護士費用

初回30分無料!
法律相談受付中!

  • ご相談予約受付コール
  • メールでのご予約はこちら

交通事故のお悩みチェック

  • 交通事故の治療中に注意しておくべきことはなんですか?
  • 保険会社からこれ以上治療費を支払えないといわれました。どうしたらいいですか?
  • 適切な後遺障害等級認定を受けるのに注意しておくべきことはありますか?
  • 保険会社に交渉を任せていたけれど,過失割合に納得がいきません!
  • 弁護士特約ってなんですか?弁護士費用を払わなくていいって本当ですか?

千葉県柏市で交通事故に巻き込まれお悩みの方は,まず弁護士へご相談下さい

千葉県柏市で交通事故に巻き込まれお悩みの方は,まず弁護士へ

交通事故に遭われてこのホームページを見られている方もいらっしゃるかもしれません。
大変お辛いでしょう。
その苦しみを少しでも軽減するためには,適切な賠償金を支払ってもらうことが大切です。
後遺障害がある場合は一生の問題でもあります。
ところが,交通事故については保険会社と個人との間に情報格差が大きく,保険会社がいうのだからそういうものかなと,よくわからないまま示談をしてしまう方が少なくありません。
しかし,保険会社の提案する賠償金額は,保険会社自身が定めた基準に基づいて算定されたものに過ぎず,裁判になったときに支払いが認められる賠償金額よりも低額なのが一般です。
弁護士が代理人となれば,裁判所が採用する基準に基づいて算定される賠償金額を求めますから,保険会社の提案する賠償金額よりも高額となる可能性が高いといえます。
つまり,弁護士が介入した方が賠償金額が増額する可能性が高いのです。
千葉県柏市で交通事故でお困りの方は,適切な賠償金を取得するために,是非一度弁護士にご相談下さい。

弁護士に交通事故問題の解決をするメリット

千葉県柏市で離婚の相談なら石塚総合法律事務所

任意保険基準より賠償金の増額が見込めます

何といっても,賠償額が増額する可能性があります。
保険会社が提示する賠償額は任意保険基準によって算定された賠償金どまりです。
弁護士を代理人とすれば,裁判基準によって算定された賠償金額を請求しますから,賠償額が増額する可能性があるのです。

離婚後のことまで考えた適切な解決へ

保険会社との直接交渉が無くなります

交通事故による損害にはどのようなものがあるのか,各損害をどう算定するべきか,過失割合はどう考えるべきか等,交渉には専門知識が必要ですし,治療中はもちろん,治療後も仕事をしながらご自身で交渉するのは過大な負担といえます。
弁護士を代理人とすれば,相手方(保険会社)との交渉は全て弁護士が行います。

離婚解決には弁護士を代理人に

損害の請求漏れが無くなります

交通事故の問題では,事故直後の段階,,治療開始から症状固定前の段階,症状固定後から後遺障害等級認定前の段階,後遺障害等級認定後の段階と,段階毎に注意しておくべきポイントがございます。
弁護士を代理人とすれば,段階毎のポイントを外すことなく,安心して交通事故に対応することができます。

交通事故問題解決までの流れ

  • 法律相談のご予約

    法律相談のご予約

    お電話またはホームページよりご相談予約をお願いします。

  • 弁護士へのご相談

    弁護士へのご相談

    ご予約日に、弁護士がお悩みを伺います。

  • ご依頼・ご成約

    ご依頼・ご成約

    ご相談されたうえで、正式にご依頼される場合は、契約書を交わしご成約になります。

  • 法律相談のご予約

    資料収集

    相手方との交渉に必要な書類の収集や、調査を行います。

  • 交渉

    交渉

    ご依頼主様の不利にならないよう、相手方と交渉します。裁判で解決する場合もあります。

  • 解決

    解決

    ご依頼主様の納得できる解決へ導きその旨を書面で作成し、署名を頂ます。

初回30分無料相談受付中!

  • 秘密厳守
  • 土日・夜間相談OK
  • 明瞭な弁護士費用
  • ご相談予約受付コール
  • メールでのご予約はこちら

千葉県柏市の皆様より良くある交通事故のQ&A

一人で相談に行くのが不安なので,親と一緒に相談をしに行ってもいいですか?
もちろんご両親と来ていただいて構いません。
法律事務所は病院みたいなものだと思いますので,一人で相談に来ていただいても怖い場所ではないのですが,不安に思われるならご両親と一緒に来てください。
相手方の保険会社の担当者が良い人なので,保険会社提案の賠償額で示談をしても良いと思っているのですが,相談に来るべきですか?
保険会社の担当者がよく説明してくれる方だったのは幸運だと思いますが,担当者も保険会社の基準を超えて賠償額を提案することはできないはずです。
後遺症が残っている場合等,交通事故は一生の問題でもあります。
一度弁護士に相談を聞いてからでも示談は遅くないでしょうから,やはり弁護士への相談をお勧めいたします。
交通事故問題の相談に行くタイミングはありますか?
タイミングは早ければ早いほどいいです。
といいますのは,交通事故の問題では,事故直後の段階,治療中,後遺症等級認定前,後遺症等級認定後と,段階毎に注意しておくべきポイントがあるため,早ければ早いほど,ポイントを外す危険がなくなるからです。
交通事故問題の相談に行くのに用意しておくべきものはありますか?
交通事故証明書,医師の診断書,自賠責後遺障害診断書,後遺障害等級認定票,保険会社に提出した資料の内,所持しているもの,保険会社からの損害金計算書,実況見分調書,車検証の写し等です。
わからなければ相手の保険会社からもらった一切の資料を持ってきてください。
弁護士特約に入っていれば弁護士費用を支払うことはないんでしょうか?
弁護士費用特約は限度額を300万円までとするものが多いようですので,弁護士費用が300万円を超えた場合には,その超えた金額をお支払いただく必要があります。
しかし,弁護士費用が300万円を越える事案は,そうそうありませんので,それほど気にされることはないと思います。
なお,弁護士費用はご契約前に必ず明示しますので,仮に300万円を超える場合でも事前に自己負担金額か明らかとなるのでご安心下さい。
交通事故について弁護士に依頼するとどのくらいの費用になりますか?
交通事故の詳しい弁護士報酬は弁護士費用のページをご覧ください。

弁護士が教える交通事故について知っておきたい基礎知識

  • 弁護士への依頼は、賠償金請求の増額や有利な交渉など多くのメリットがあります。

  • 請求漏れの無いよう、交通事故の損害賠償項目を確認しましょう。

  • 交通事故発生から、弁護士への依頼、問題解決までの流れをご説明します。

  • むち打ちによる治療費を増額請求できる可能性があるため、弁護士にご相談下さい。

  • 症状の認定、請求額などに不満を感じる方の力になり、弁護士が有利に交渉を進ます。

  • ご家族が亡くなって悲しみに暮れるご遺族の代わりに、慰謝料請求の交渉にあたります。

  • 任意保険で活用できる弁護士費用の保険金について解説します。