相続の基礎知識

相続の基礎知識

こんなお悩みありませんか?

  • 相続人に該当する範囲を知りたい
  • どれが(どこまでが)相続になるのか知りたい
  • 相続手続きの流れを知りたい

遺された財産は法律に沿って相続しましょう

故人が遺した財産は,法律に定められたとおりに相続しなければなりません。
どこまでが相続人に該当するのか,いつまでに手続きをしなければならないのかなど、相続において弁護士が解説します。

弁護士が解説する相続の基礎知識

相続とは

「相続」とは,亡くなった方(被相続人)の財産上の地位をその親族等(相続人)が引き継ぐことをいいます。
現在の法律では,遺言がない限りは配偶者または血族が相続人となり,被相続人の遺産を引き継ぐことになります。

法定相続人の範囲と順位

【法廷相続人の範囲】
①配偶者
夫,妻がこれにあたります。

②血族
血族には「直系血族」と「傍系血族」の2つがあります。
・直系血族とは?
 父母,祖父母,曾祖父母,玄祖父母,子,孫,曾孫,玄孫
・傍系血族とは?
 兄弟姉妹,姪,甥

【法定相続人の優先順位】
民法で定められている範囲内の優先順位を下記の通りです。

第1順位の相続
被相続人に子があった場合
子と配偶者(配偶者が死亡している場合には子のみが相続)

第2順位の相続
被相続人に子がなかった場合
父母と配偶者(配偶者が死亡している場合には父母のみが相続)

第3順位の相続
被相続人に子がなく,父母は既に死亡している場合
兄弟姉妹と配偶者(配偶者が死亡している場合には兄弟姉妹のみが相続)

相続の対象になる財産とは「資産(プラスとなる財産)」だけではなく,「負債(マイナスとなる財産)」も含まれます。

相続の対象になる財産

①資産(プラスとなる財産)
金融資産…現金,預貯金,有価証券,小切手,株式など
不動産(土地・建物)…宅地,居宅,農地,店舗など
不動産上の権利…借地権,借家権,地上権など
動産…自動車,家財,骨とう品,宝石,貴金属など
無体財産権…特許権,商標権,意匠権,著作権など
その他

②負債(マイナスとなる財産)
借金…借入金,買掛金,手形債務,振出小切手,保証債務など
公租公課…未払の所得税,住民税,固定資産税など
その他

相続のトラブルは弁護士にご相談下さい

相続トラブルには法律の力が必要になります。
親族間での争いは感情的になりやすい為,弁護士が介入することで訴訟まで発展することなく話し合いで解決できる可能性もあります。
お悩みの方は石塚総合法律事務所へご相談下さい。

初回30分無料相談受付中!

  • 秘密厳守
  • 土日・夜間相談OK
  • 明瞭な弁護士費用
  • ご相談予約受付コール
  • メールでのご予約はこちら

弁護士が教える遺言・相続について知っておきたい基礎知識