石塚弁護士ブログ

先生のご専門は何ですか?

弁護士あるあるだと思うのですが,弁護士は,初めてお会いした方から,標題の質問をされることが少なくありません。

それに対して,(多くの)弁護士は「何でもやりますよ」,「町弁は幅広く法律問題を扱うものです」等と答えるのではないでしょうか。中には「全部が専門ですよ」という(強気じゃなくて,優秀な)先生もいらっしゃるかもしれません。かくいう私も,基本的に同様なお答えをしております。

しかし,おそらくこの答えは,質問者が求めている答えではないと思います。この質問をする方は,たとえば,医師であれば,内科,外科,整形外科,産婦人科等々,診療対象(専門)が明確なので,どんな先生かある程度わかるけれど,(多くの)弁護士は何を専門にしているのか(何を中心分野としているのか)わからないと考えておられる可能性が高いからです。

このように考えている方に,「何でもやりますよ」といっても,結局,どんな弁護士なのかわからないなで終わると思うのです。自己の抱えるトラブルに強い弁護士を探すときは,なおさらでしょう。

このように,質問者が求めている答えではないと思いつつも,基本的に「何でもやります」と答えるわけですが,そのように答える理由なり,事情が実はあります。

まず,幅広く事件を扱うために,特定の専門分野を持たないようにしている,というのが理由の一つです。

弁護士毎に,ありたいと思う弁護士像は違うと思いますが,私は,幅広い法律問題を扱える弁護士でありたいと考えております。困っている方から問合せがあったときに,それは自分の専門外だからお答えできません,他の弁護士にご相談下さいと言うことなく,大丈夫ですよ,まずはご相談下さい,といえる弁護士でありたいと思っているのです。そのため,「何でもやります」と答え,幅広い事件を扱うようにしています。

次に,特定の専門分野を持たない方が,弁護士費用を抑えつつ事務所を維持しやすいという事情もあります。

といいますのも,専門的な分野をもてば,その分それ以外の分野の法律問題は扱わないことになるため,扱う事件数が減る可能性・危険性があります。(マーケティング的にはこの考えは必ずしも正しくないでしょうが,都会とも田舎ともいえない,郊外たる柏市周辺を商圏とし,競合する事務所数も少なくない弊事務所の置かれている状況等を踏まえると,その可能性・危険性は高いと考えています。)

そして,少ない事件数で事務所を維持しようとすれば,弁護士費用は高くせざるをえません。たとえば,最近,刑事事件を専門にした法律事務所,その中でもクレプトマニア(窃盗を止めたくても自らの意思では止められないという病気)の刑事事件を専門にする事務所がありますが,事務所によっては,弁護士費用をかなり高めに設定しているようです。(上記事情からすればやむを得ない面があり,もちろん悪いことだとは思いません。)

あくまでも考え方の違いですが,私の置かれている状況で,依頼者に経済的な負担をかけずに事務所を維持していこうとすれば,扱う事件を幅広くした方が望ましいと,私は考えています。これが,「何でもやります」と答えざるを得ない事情です。

もっとも,その分野しか行わないという意味の専門分野はありませんが,私にも多く扱っている分野,案件はございます。現在の私の状況ですと,熟年離婚の案件,遺産分割の案件,兄弟間の遺産の使い込み案件などがこれにあたります。これらは,私がこの分野,案件を扱いたいと思っているから多く扱っているというよりは,たまたまそういう案件が集まったというだけであり,時間とともに,扱う分野や案件は変化すると思います。

ですから,現時点において標題の質問をされたときには,私は,基本的には「何でもやります。」と答えながらも,弁護士としての私をできる限り質問者に伝えるために,次のように答えることになります。

「何でもやりますので,専門分野といえるものはありませんが,現在,離婚事件なら熟年離婚の案件,相続事件なら遺産分割や兄弟間の使い込みが問題となる案件,労働事件なら雇用契約上の地位が問題となる案件を多く扱っています。また,私自身は企業法務に関心があるので,顧問先の案件も丁寧に取り組まさせていただいているところです。」

 

なんか理屈っぽい弁護士だなと思われそうですけれども。