刑事事件の手続き

刑事事件の手続き

こんなお悩みありませんか?

  • 本人と面会できず状況を知りたい
  • 家族が逮捕されてこの先どんなことをすればいいか知りたい
  • 早く釈放してほしいがどうすればいいか知りたい

刑事事件にスピード対応が大事です

家族が突然逮捕されて驚かれると思いますが,まずは落ち着いてください。
刑事事件での逮捕で,身柄解放や不起訴にするには72時間以内という時間が勝負です。
万が一,家族が逮捕されてしまったらすぐに弁護士にご相談下さい。
弁護士だけが面会し状況を確認し,身柄解放に向け弁護します。

刑事事件の流れ

逮捕されるというのはほとんどの方が非日常的な出来事だと思います。そのため,この先どうなるのか不安でいっぱいかと思いますので,逮捕から判決までの大まかな流れを知っておけば不安も取り除けます。

①逮捕
警察署内にある留置場で身柄を拘束され,警察の捜査官から取り調べを受けます。
(被疑者の送検は48時間以内と決められています。)

②勾留
十分な取り調べが終わるまで、被疑者は送検出来ません。被疑者が罪を認めない場合,検事は裁判所に対して勾留延長の手続きを取ります。
認められると最長10日間の勾留が決定します。
勾留満期日に起訴・不起訴が決定します。

③起訴・不起訴
ここで不起訴になれば釈放という形になりますが,起訴された場合,裁判へ移ります。

④裁判
裁判の種類は1回で終わる即決裁判から1年以上かかるものまで様々です。
しかし被告人が始めから罪を認めていて刑罰を決定するだけの量刑裁判であれば,大抵は2回くらいで終了します。

【判決の例】
・罰金
・懲役または禁錮…執行猶予という条件がつくこともあります。

ここまでの流れが、一般的な刑事事件の流れになります。

刑事事件の解決は頼れる弁護士が必要です

刑事事件の解決は,スピード対応や被疑者の有利になるように弁護するなど頼れる弁護士が必要です。
前科をつけたくない,示談で解決したいなど,逮捕されお困りの方は早急に石塚総合法律事務所に依頼して下さい。

初回30分無料相談受付中!

  • 秘密厳守
  • 土日・夜間相談OK
  • 明瞭な弁護士費用
  • ご相談予約受付コール
  • メールでのご予約はこちら

弁護士が教える刑事事件について知っておきたい基礎知識